FC2ブログ







昨日、友人に誘われて、表参道ヒルズへ。
短時間でしたが、清川あさみさんの「美女採集」を観てきました。

「美女採集」とは、美女の写真に刺繍やCGによる装飾を施し、
それぞれのイメージに合わせた動植物に変身させるシリーズ作品で、
多くの有名な女優や一部男性俳優がモデルになっています。
もっと時間をかけて、彼女独自の世界観にどっぷり浸っていたかった
くらい、素晴らしかった。
実は、清川あさみさんのお名前は今日まで知らなくて、思いがけず、
素敵なアーティストの作品に触れることができて、感激です。
連休中に、もう一度行ってみたいな。

上の写真は、㈱サンリオから清川あさみさんへのお祝いのお花。
白い菊をベースにキティちゃんの顔になっている!
思わず、足を止めて、何枚もパチパチ。かわいすぎます


「美女採集」のチラシ
http://www.omotesandohills.com/pdf-up/pdf/1333604778.pdf



ハーゲンダッツとのコラボ「美味採集」も、同期間中、開催されています。

358_image1[1]

こちらも、清川あさみさんが、すべてを任されているそうですね。


スポンサーサイト



昨日、根津美術館で開催されている「KORIN展」に行ってきました。




img_exhibition_korin_3[1]




「燕子花図屏風(かきつばたびょうぶ」と、
「八橋図屏風(やつはしびょうぶ)」は、琳派の巨匠尾形光琳が
同じテーマを、同じ六曲一双屏風に、10数年の時を
おいて描いた作品。
根津美術館は、毎年かきつばたが咲く時季に合わせて
「燕子花図屏風(かきつばたびょうぶ」を公開していますが、
「八橋図屏風(やつはしびょうぶ)」と一堂に見ることができるのは、
100年ぶりだそうです。


「燕子花図屏風」は、根津美術館に所蔵されている国宝で、
尾形光琳が40才代に制作され、花部分を群青、茎草部分を緑青で描き、
金地にとてもよく映えています。

その隣の、ニューヨークのメトロポリタン美術館に所蔵される
「八橋図屏風」は、尾形光琳が「燕子花図屏風」を製作してから
10年後の50歳代のときに制作されたそうです。
前作との大きな違いは、橋を描写したこと。
そして、間近で見ると花部分の描き方が、全く異なっているのが
よくわかります。
「燕子花図屏風」はかなり重厚でべた塗りですが、「八橋図屏風」は
やや薄塗りで色のグラデーションがあって、より自然に描かれています。


一緒に見に行った友人から、「屏風絵は離れて見るもの」と言われ、
数メートル下がってみたところ、
確かに印象がガラッと変わりました。
近くで見ると、繊細な「八橋図屏風」の方が好き。
離れて見ると、シンプルな「燕子花図屏風」の方が好き。



美術館の庭には、かきつばたが咲き始めています。



・・・が、咲いているのは一部だけ。
身頃は、5月に入ってからですね~。





藤も、まだつぼみが多かったです。



根津美術館の敷地は根津嘉一郎の私邸跡。
手入れの行き届いた日本庭園を散策するのも、楽しみのひとつ。
茶室が点在した広大な日本庭園と、国宝を含めた数多くの美術品を貯蔵、
それが南青山という都心だってことが驚きです。










自由が丘の「クロス&クロス」は、外階段を上がって、
2Fのドアから入ります。
そのドアの前には、雅姫さんが手掛けた季節のアレンジが。
ここの空間を見るのが、毎回お店に入る前の楽しみ。

デジカメの画像を整理していたら、随分ありました
(沢山通っているってことですね
ので、季節順に並べてみました。
ここ2~3年くらいの写真です。


1月です





これは、1月下旬
雅姫さんの影響で、私も毎年ヒヤシンスを育てるようになりました





3月
白とグリーンの寄せ植え
アンティーク木箱のアレンジは、毎年ショップで見ます
真似したいけど、これは無理ですね~ ここで見てるだけ

c2



3月下旬





5月
グリーンのアレンジ

5



8月下旬
リネンの反物をこんな風に使うなんて!と、よく覚えています
雅姫さんのセンスに驚かされます





これは、別な日
9月上旬





9月
急に秋らしくなりました

C9-3



9月下旬
似たようなことは、自宅でもしています
していますが・・・こんな風には

c9-4



10月
秋の飯椀展
アンティークのガラスケースに、作家さんの作品





11月
長峰菜穂子さんの個展で

c11-1



12月
もみの木をガラス器に生けるって、初めて見たかも
合うんですね





二子玉川のリゼッタに、行ってきました。

すみれ祭りのポスター。
4月13日~4月22日開催されています。

リゼッタ1



お店の外から。
雨の日でしたので、ガラスに水滴がついちゃっていますけど。

リゼッタ2




いつもお店の入口の前に、アンティークミシンが置かれていて、
季節のお花のアレンジメントが素敵。

リゼッ3


ミシンの奥をのぞいたら・・・
可愛らしいアンティークの絵が、隠れるように置かれていました。

リゼッタ4





店内は、アンティークの家具や調度品に囲まれた
素敵な空間。
すみれ祭りということで、すみれの
子花模様のお洋服の他に、
すみれのアクセサリーやお茶などが
置かれていました。



この日、すみれ色のリネンのワンピースを購入しました。

リゼッタ5


難しい色かな、と思っていたのですが、試着してみたら、
思いがけず顔映りがすごくよかったことと
着心地がよかったので、思わず。。。

なかなか画像を忠実に再現できないのですが、
とっても深みのあるこっくりとした素敵な色。

リゼッタ


リゼッタのお洋服には、すべてフランス女性の名前が
付けられています。
このワンピースは、「リザ」。




ハグカタログ


ハグオーワーから、春夏のカタログが届きました。
帰宅後、夕食の支度もそっちのけで、しばしハグの世界観に浸っていました。


雅姫さんが作り出すモノの、お色の組み合わせは、毎回とっても
参考になります。


シックな グレー×エクリュ

カタログ2



身につけない色だけど、いつか挑戦したいミモザ

カタログ1



今回は、レース素材のお洋服が、多いように感じました。
総レースのブラウスやスカート・・・
そもそも、カタログの表紙がレースの写真ですね。







二子玉川の「リゼッタ」から、春夏カタログが届きました。

今までいただいていたカタログは、新聞のように折りたたまれた
タイプでしたが、今回は、冊子になっています。
それもスミレ色のリボン付き!

リゼッタカタログ



二子玉川にある、作家さんの器などを取り扱うお店「KOHORO」の
向かいに、まるで「ハグオーワー」のような可愛らしいお店を発見
・・・それが、「リゼッタ」でした。
フランス郊外をイメージした内装に、リネンのお洋服。カフェも併設していて、
あっという間にお気に入りの場所に。


おととしの秋に、斜め向かいの場所に移転。
かなりスペースが広くなり、そしてぐっと落ちついた雰囲気のお店に。





これは、おととしのリニューアルオープンした時に、お店の外に
飾られていたお祝いのお花。

ご近所のKOHOROさんから
とっても素敵なアレンジ!

お花fromKOHOROさん




雅姫さんからも!

お花from雅姫さん

雅姫カラーのお花たち





さてさて、リボンをほどいて、カタログを見てみると・・・

流行に左右されることのない、リゼッタの素敵な世界観でいっぱい。





先日、恵比寿のお花屋さんで開催されていたフラワーレッスンを
受講してきました。
普段から、近所のお花屋さんで、自分で選んで飾っていますが、
どうしてもどこかワンパターンになりがち。
先生が用意してくださった花材を、他の生徒さんと一緒に
アレンジメントしているといろんな刺激を受けて勉強になります。


これは、そのときの作品。
フラワーレッスン


1週間くらい楽しんだ後、クレマチス、ラナンキュラス、
グリーンベルを抜き、空いたところにトルコキキョウを。


気がついたら、随分とクロスマスローズの色が変わりました。
写真を比較してみて、自分でちょっとビックリ。。。

11日め

この写真は、レッスンで生けてから、11日めです。




4月7日(土)は、雅姫さんの著書
「京都散歩」と「グレとモリの日記」
のサイン会でした。



「京都散歩」は、よくある観光名所が紹介された一般的な
ガイドブックとは一味も二味も違う、雅姫さん自身が
お気に入りの場所を、120ヶ所も紹介するお散歩ブック。

「グレとモリの日記」は、ホームページで綴られていた
雅姫さんの愛犬ラブラドールレトリバーとの生活を、
本にまとめたもの。
グレモリ日記のファンでしたので、書籍化されると
知った時は、嬉しかったです。



サイン会の場所は、代官山の蔦谷書店。
雅姫さんは、表情が生き生きしていて魅力的。
ほんとにお綺麗。
そして今回は、お土産がこんなに沢山!


         ↓

         ↓

         ↓


グレモリ柄のハンカチ


お土産①



クッキー


お土産②



ポストカード2枚


お土産③



そして。。。


ちふれのサンプルも!


お土産④



この素敵な心遣いが嬉しい。







はじめまして。
東京都在住の女性です。

モデルでデザイナーの雅姫さんと俳優の石丸幹二さんのファンです。
雅姫さんが提案する女性らしい素敵な感性に触れていると、とても癒されます。
俳優の石丸幹二さんは、劇団四季に在籍していたときからのファンで、
退団後も石丸幹二さんの出演されている舞台を観ています。

とてものんびりしたブログになると思いますが、心がときめいたことを
綴っていきますので、お付き合いいただけると嬉しいです。