FC2ブログ

エリザベート観劇の前日、自宅で 「2005年ウィーン版DVD エリザベート」を観ました。

  エリザベート役 マヤ・ハクフォート
  ルキーニ役 セルカン・カヤ
  トート役 マテ・カマラス




冒頭、トートルキーニが向かい合って、二人が交互にエリザベートの名前を叫ぶように歌うシーン。
ものすごくカッコイイ!いきなり引きこまれました。

「エリーザベーート!」VS「エリーザベーート!」
「エリーザベーーエーイ!エーイ!」VS「エリーザベーエー!
オ゛ーッ!」

躍動感みなぎる力強い声でシャウトしながら、双方とも競い
あうように一歩も引かない歌声。
のっけからやられます~


脇役も含めた出演者全員、歌がとってもお上手です。
せっかくの素晴らしい曲を、高音域を苦しそうに歌われたり、
音程がフラフラだった・・・
なんて舞台に、残念ながらときどき遭遇してしまいます。
ミュージカルなんですから、歌をストレスなく楽しめるって、
本来は当たり前のことなんですよね。



ルキーニのハイトーンボイスの
伸びること、伸びること。
いかにもイタリア男らしい圧倒的な表現力も素晴らしい。
最近、ルキーニは「ジーザス・クライスト=スーパースター」
のユダと通じるものがあるなぁと思うようになりました。
DVDを観ていると、ルキーニの存在感はとっても強く、そもそも
キャスト表ではトートより先に紹介されています。
日本での上演は、ユダ役がこなせるような役者さんにルキーニを
演じてもらいたいなぁ。


トート役のマテさん、俺様キャラを前面にだして、機敏に
舞台上を動き回るロックスターのようなトート。
帝劇のマテさんは未見ですが、観比べたら面白いでしょうね。


シシィのパパ マックス役のデニス・コゼルさんは、オペラを
聴いているような深みのあるお声。


そして、石丸幹二さんが、ラジオ番組で
「素晴らしい歌声。僕好みの声なんですよね~♪ 少~し低くて、少~しハスキー」
と仰っていたエリザベート役のマヤ・ハクスフォードさん。
どんな音域も歌いこなして、表現力も豊かで素晴らしかった。
 



DVDで気持ちを高めたところで、日曜日、帝国劇場へ。

3回目の観劇、 my楽 になります。


本日のキャスト
RIMG7295.jpg


この日は2階席。それなのに、オペラグラスを忘れる


きらびやかな舞台セットや場面ごとに変わる照明・・・2階から
見下ろす舞台は綺麗ですね。
トートの“ニヤリ”顔など、人の表情を確認することはできません
でしたが、2階席&裸眼の観劇により、終始奥行きある舞台を
見渡しながらその醍醐味を堪能することができました。

トートダンサーの全体の動きをじっくり見ながら楽しんだのは、
3回目の観劇にして初めてのこと。
そうそう・・・私は初演の頃から、湧き出てくるように現れて
妖しげなダンスで魅せてくれるトートダンサーが大好きなのです。
石丸さんがトート役にキャスティングされてからは、トートばかり
ガン見の観劇でしたので、2階席に座らなかったら、オペラグラスを
忘れなかったら、そんなことすら気付かないままmy楽を迎える
ところでした。


この日の石丸トートは、「愛のテーマ~愛と死の輪舞」で気付いたのですが、
今までより、高い声ですっきりと歌っているように聴こえました。
でも、軽いというのではなく、いろんなものが削ぎ落とされた
ような感じ。
言葉で表現するのが難しいのですが、大人のトートに感じました。

「最後のダンス」は、毎回歌い方を変えていますね。
最後の「・・・踊る運命」と「・・・俺さー」のアレンジ、今日も
じっくり堪能、
しっかりしびれちゃってます。



RIMG7311.jpg


春野寿美礼さんは、初見でした。
どうしても、何度も観ている瀬奈じゅんさんと比較しながらの
観劇になってしまいますが、
春野さん演じるシシィは、おとなしくて何をするのも女性的に
映りました。
石丸さんがインタビューで「楚々としている」と表現されて
いましたが、その通りだと思います。
私自身が勝手に抱いているシシィのイメージは、もう少し強く
凛とした女性なのですが。
歌声は、今まで観たシシィ役(涼風真世さんは未見)の中では、
一番聴きやすかったです。
苦手な音域があるのか、ストンと声が通らず聴きづらいところが
ちょいちょいありましたが、また観る機会があるなら、春野さんの
歌声を聴いてみたいです。


東京公演の最終日が近いせいか、カーテンコールでのお客さんの
拍手の勢いは凄かった。
客電が灯き、終演の場内アナウンスが始まっても鳴りやまない拍手。
もう一度、幕が上がり、石丸さんが春野さんをエスコートしながら
舞台の下手上手と丁寧に挨拶してくれました。
そして最後の幕が半分ほど降りたとき、石丸さんが春野さんの手の甲にキス!

○さん、やってくれますね~


大好きな作品を3公演観ることができた満足感、
そして、もう帝劇には、しばらく来ることはないんだなぁ~と
感傷にも浸りつつ、いろんな気持ちが入り混じった状態で、
帰宅しました。


RIMG7286.jpg



スポンサーサイト



創立100周年を記念し製作された 成蹊学園創立者 中村春二
の生涯を綴ったドキュメンタリードラマ 
「たしかなあしぶみ~なかむらはるじ~」 は、
5月の学園創立100周年記念式典で上映されていましたが、
6/18~6/24の期間限定で特別上映されています。



「前半のあらすじ」「主な登場人物・キャスト・スタッフ」
「メイキング」はコチラ
→ http://www.seikei.ac.jp/gakuen/100th/drama.html



主役の中村春二役は、中学~大学が成蹊だった鶴見辰吾さん

中村春二は、真の人間教育を行いたいと考え、学生塾「成蹊園」を
開塾しますが、しだいに塾での限界を感じるようになります。
無償で学べる全寮制の学校を建設するために、自宅を売り払い池袋に
広大な土地を購入し、校舎建築費用の支援を親友に依頼します。

その依頼する相手が、中学の同級生で生涯の親友
石丸幹二さん演じる今村繁三尾美としのりさん演じる岩崎小弥太
同世代の役者3人が並ぶと、上品な紳士たちといった風貌で、
納得のキャスティング。

構想中の学校の図案を目の前に、キラキラと目を輝かせながら
教育思想に共鳴し支援する銀行家今村繁三役の石丸さんのお姿。
まさにはまり役です。
三つ揃いのクラシカルなツイードのスーツ姿が、とってもお似合い。
(ちらっと「THE 35STEPS」が頭をよぎります。)


左から 石丸さん 尾美さん 鶴見さん
d_pht_02[1]



中村春二は、理想と現実の狭間に揺れ苦しみますが、多くのことを
生み出し、そして残しています。



鶴見さんが演じる中村先生の言葉ひとつひとつに心を打たれ、
強く美しい心根の中村先生の志を想い、涙があふれてきました。
私財を投げうって、こどもたちの教育にすべてを捧げた真の教育者。
1時間ちょっとの短い映画ですが、心洗われる素晴らしい作品でした。



創立100周年記念のお菓子をいただきました
RIMG7278.jpg


中は、和光のクランチチョコレート
美味しく頂きました
RIMG7280.jpg




先日、受講したフラワーレッスン。
この日のテーマは、「ガラス花器でさわやかな花あしらい」

白とグリーンの草花のみのフラワーショップ。
レッスンでも、白とグリーンの草花だけを使います。






講師は、Tiny N の岡本典子さん。



この日の先生セレクトのお花たち、一つ一つが可愛らしくて
いとおしい。



名前を覚えたくて、一つずつ写真を撮りました。


アストランティア マヨール    アナベル
20120618220711940[1]201206182207103f7[1]


オレガノ             ギボウシ
201206212156452ee[1]20120621215926b5f[1]


グリーンカンナ          クレマチス
201206212159257be[1]20120621215924c9f[1]


コアジサイ            セダム
20120621215923ce2[1]20120621220038788[1]


セリンセ             ホワイトジュエル
201206212200370ea[1]20120621221235f8e[1]


ブルーベリー           マウンテンミント
20120621220036cfb[1]20120621221235417[1]


ワイルドオーツ
ワイルドオーツ




ガラスの器に入れると、瑞々しくて爽やか。
数日間ガラス器で楽しみましたが、
真逆なタイプな雰囲気な器を使うとどうなるんだろう?
と、ブロンズ釉のピッチャーで。



RIMG7242.jpg





6月の「花の会」。


那須の花農家、池田さんの露地栽培で育った
無農薬のお花たち。
「つぼみの状態、
今咲き誇っている状態、
咲き終わった後につける実・・・
と様々な姿があるから、毎月同じお花でもいいのよ
って言っているけど、毎回変えて送ってくださるのよね~」
と先生。


外の景色をそのまま家の中に取り入れることがテーマ
自分が太陽だと思って、花が太陽に向かって咲くように!
必ずしも中心に向かっていけるのではなく、風が吹いて
からまることもあるのだから風の流れを作って!




場所を変えて置いてみました。


玄関




スリッパ入れの上
RIMG6696.jpg



花が生き生きと映るのは、やっぱり窓際
でもその分、自分の欠点もよくわかります
RIMG6700.jpg




自宅に帰ってから、バスケットにしつらえてみました。

RIMG6718.jpg


≪この日の花材≫

ギボウシの葉
ヒューケラの葉
ヤグルマギク
レセダ
カラスビシャク
アストランティア
アルケミラ モリス
オレガノ
ヒメヘビイチゴ
オルラヤ
マメグンバイ
クロバナナデシコ
カキドオシ
オヤブジラミ



鎌倉駅近くの和料理「日和」で、
会席料理をいただきました。


駅周辺は、観光客を相手にするお店が多い中、
ここはそういった雰囲気をまったく感じさせない佇まい。






先付 「初ガツオの梅ソースがけ」
カツオといえば、 “=たたき” で、いつも薬味と一緒にいただいて
いましたが、梅ソースに感動・・・真似します!
RIMG6999.jpg



八寸 「鱧のあちゃら漬」 「イチヂクのワイン煮ゴマソースがけ」
「鰻ときゅうりの酢の物」

RIMG7000.jpg



焼き物 「いさきの幽庵焼き」
これから旬ですね
脂がのっていて美味しい
RIMG7001.jpg



強肴は、名付けて「贅沢そうめん」だそう
鴨肉・海老・青紅葉の生麩がのっています
ジュレのスープが、ものすごく美味しい
器の外側が写っていないのでわかりづらいですが、古伊万里の骨董茶碗でした
RIMG7003.jpg



揚げ物 「稚鮎の香煎焼き」
これも真似したい
抹茶塩でいただきます
RIMG7004.jpg



食事
RIMG7005.jpg



オリジナルのお菓子「ひよりかん」
羊羹にレーズンと杏子が入っています
味わいのある骨董の器で
RIMG7006.jpg



窓から鎌倉駅のホームが見える線路脇にありますが、
近くに電車が走っていると思えないくらい静かなお店。
本格的なお料理を、堅苦しくなくいただけるのが嬉しい。
毎月お料理が変わるそうですので、また鎌倉を訪れたときに、
利用したいです。



RIMG7008.jpg



成就院近くの石段を上がると
古民家カフェ「ラ・メゾン・アンシェンヌ」があります。


RIMG333.jpg



RIMG555.jpg



1階は、アンティークショップ。
アンティーク家具・雑貨・お洋服と一緒に、手作りジャムが
たくさん置いてあります。

RIMG666.jpg



2階は、カフェ

お水に、ミントが茎ごとたっぷり入っています。
初夏のような陽気でしたので、この心遣いは嬉しい!

RIMG777.jpg



スコーンを注文しました。
添えられている2種のフルーツジャムがとっても美味しい。

RIMG888.jpg



テーブル・チェアなどの家具はもちろん、食器類にいたるまで
すべてがアンティーク。
特に、このシュガーポットとハチミツの入った薬瓶は、
連れて帰りたいくらいカワイイ

RIMG999.jpg



お隣のテーブルの淡い色でまとめられた紫陽花

RIMG1010100.jpg



そのまたお隣のテーブル

RIMG111111.jpg




天井を見上げると、たくさんのカゴ達とドライの紫陽花

RIMG121212.jpg



緑の木々が広がり、トンビが優雅に飛んでいる景色を
カフェの窓から眺めていると、スローな時間が流れます。
よく晴れたこの日は、窓全開。
自然の息吹を思いっきり感じました。


何から何まで素敵でした。。。



日曜日に、鎌倉 極楽寺駅近くの「成就院」に行ってきました。
前日に梅雨入りが発表されていたので、雨の中を歩く覚悟で準備
していたら、まさかの晴天!



西結界から東結界までの参道の紫陽花が素晴らしい。


西結界



東結界
RIMG東



除夜の鐘と同じ数の108段の階段を上がると、門前から由比ガ浜
の海岸が見渡せます。
由比ガ浜も、沢山のサーファーで賑わっています。

RIMGd.jpg



参道両側に、般若心経の文字数と同じ262株の紫陽花。
この日は、まだ満開ではないので、もりもりっと咲いている株は少なく、
蕾が咲き始めてひとつひとつがまだこじんまりとした感じ。


RIMG6866.jpg



ブルー
RIMGblue.jpg
RIMGブルー


ピンク
RIMGpink.jpg
RIMGピンク


ラベンダー
RIMGlv
カタツムリ付き
RIMG6943.jpg



少ないけど、ガクアジサイもRIMGgakup.jpg
RIMGgakub.jpg



紫陽花カラーが大好きなので、夢心地の気分。
西結界~東結界を二往復してしまいました。



素敵な参道を歩かせていただいたお礼も兼ねて、成就院の中へ
龍のつくばいで清めてからお参り
RIMG蹲



成就院の中心になる仏さまは、「不動明王」
パワースポットだと案内板がでていました
RIMG不動明王



まだ午前中ですが、人が増えてきたので、レトロな電車帰ります。

RIMG江ノ電