FC2ブログ

休日、クロス&クロスへ。





RIMG19792.jpg


レザビヌフのバッグやクッションが多数入荷して
いました。
手に取ってみたら離せなくなってしまったくらい
心惹かれたバッグがありましたが、我慢、我慢。
そ~っと戻しました。

それは、このあと立ち寄るハグオーワーに入荷した
フォークロアワンピースが気になっていたから。。。





ハグオーワー

RIMG19784 - コピー


RIMG19781.jpg


RIMG19768.jpg



ハグやクロスの「フォークロアワンピース」を
毎年楽しみにしています。
着心地がいいし、タートルネックのニットとの
重ね着スタイルも気に入っているので、
年間を通してよく着用しています。

色とりどりの刺繍糸のワンピースは、見ていて素敵ですが、
自分が着るとなるとちょっと気恥ずかしく、
購入したいと思うのは、いつも単色で刺繍された
ワンピース。

グレイッシュピンクにシルバーの刺繍と、
ブラックにグレーの刺繍が施されている
ワンピースを持っています。

RIMG19913 (2)





今年は、ダスティピンクのワンピースを選んでみました。





茶系のニットとの相性が良さそう。
黒も素敵かも。

まだまだ寒いけれど、タートルやカーディガンと
あわせて、愉しみます。


スポンサーサイト



RIMG19655.jpg



暖簾をくぐり、待合を過ぎて、
お店の中へ。



RIMG19464.jpg






落ち着いた店内。

RIMG19445.jpg




手入れの行き届いたお庭を、店内から一望できます。


RIMG19447.jpg


RIMG19458.jpg



古都の料亭のような佇まいですが、
実は、下北沢のお蕎麦屋さん。





「鴨そば」

RIMG19456.jpg

炙った葱と鴨肉が、とろ~っと柔らかくて、
ほんとに美味しかった。




食後に、「蕎麦餅」
作りたてを熱々で。

RIMG19653.jpg

鶯きな粉と一緒にいただく蕎麦餅は、そのままでも
モチっとしていて十分美味しい。
添えてある黒蜜をかけると、更に味わいが増して
これもなかなか。





すべてが上品・・・でも、敷居が高いと感じさせない
居心地のいい空間でのお食事。
ごちそうさまでした。



すてきなお店でした。


RIMG19452.jpg


休日の昼下がり、「夏椿」さんへ







門をくぐってお庭へ


RIMG0001.jpg


2014011815140000.jpg





「林拓児 個展」が開催されています。



林さんの七寸の貫入石皿を、ひとつ持っています。
栃渋で付けられた貫入に、古びた趣を感じ、
大切なお気に入りの器。

林さんの黒釉の器も、金属のような質感と
黒に褐色の釉薬が流れる景色がすてきだなぁと
あこがれていたので、ぜひ二つめの器と思い
個展へ。



庭先に並べられた作品


2014011815140001.jpg




夏椿さんの日本家屋と合っていて
素敵な展示



2014011815140002.jpg




室内に入ると、定番の器だけでなく新作もあって、
あれこれ迷いつつ、二つめの器に選んだのは・・・









あ~やっぱり貫入好きです。




RIMG19555.jpg



昨年の2月
部屋に飾っていたお花

RIMG3479 - コピー




可憐で瑞々しい・・・
こんな色合いのお花が大好きです。


RIMG4302 - コピー





お正月休みが終わると、フラワーショップに並ぶ春のお花が
気になりだします。

先日、久し振りに訪れてみたら、甘い香りが漂っていて思わず
店内をくんくん


瑞々しい春の花が大好きです。






切り花を購入して、お部屋に。。。



RIMG19312.jpg



まだまだ寒いけれど、
お部屋が春の香りに包まれました。






ときどき、大江戸骨董市を覗きに行きます。
今年の3月までは、代々木公園で開催されています。



味わい深いトリコロールカラーのストーブ。
あまりの可愛さに、みんなココで足が止まります。







こどものおもちゃも、世代が変われば、
ヴィンテージのお宝になるんですね。

RIMG19245 - コピー





フランスアンティークの器や瓶が大好き。
見つけると、しゃがみ込んで見入ってしまいます。

RIMG18630.jpg




RIMG19243 - コピー





先人たちの手仕事の素晴らしさ
細工の美しさにうっとり。。。

RIMG19239 - コピー





趣のあるフォルムと質感

RIMG19240 - コピー





日本の大正~昭和初期の骨董も好き。

実際に日常に使われていた道具たちに、温もりを
感じてしまって、ここでもしゃがみ込んで
ひとつひとつ手にとって眺めていました。

RIMG18633.jpg




いくつもの時を重ねたモノたちが持つ、表情豊かな味わい。
これを、居心地良く毎日の生活に取り入れるライフスタイルに
憧れます。