FC2ブログ

P1000487 (2)



目黒雅叙園では、2ヶ月間に渡って51 流派が
週替わりでいけばなの作品を出展。
最後の第九期の展示を見に行ってきました。

秋の花々や実ものを使った作品が多くて
晩秋の季節を思う存分楽しみました。



写真撮影OKとのことで、
少し撮らせていただきました。


P1000441 (2)



P1000445 (2)



P1000466 (2)



P1000471 (5)


ダイナミックで独創的な作品や線状美を表現した作品など、
流派によって個性様々。

各部屋にいらした出展された方に、花材入手の苦労話など
興味深いお話をいろいろ聞かせていただきました。





目黒雅叙園の百段階段は、昭和10年に建てられた
木造建築。

すべての装飾が美しくて目が釘付けでした。



P1000432 (2)

P1000438 (2)







P1000449 (2)

P1000448.jpg

P1000470 (2)


スポンサーサイト



京都の西山三山を巡ってきました。


P1000381 (2)


三ヶ所目の善峯寺は、秋明菊を見に来て以来、
1ヶ月半振りの再訪。







20171002204845462[1]

前回訪れた同じ場所で偶然撮っていた写真を
比べてみると、1ヶ月半ですっかり晩秋の姿に
変わっているのがわかります。

P1000315.jpg







秋明菊も終わっていましたが、
最後の1輪だけ咲いている株がぽつりぽつりと。

P1000325.jpg





到着した時
朝から降っていた雨が上がっていて、
傘を持たずに散策できるのはよかったけれど、
山腹にある広大なこのお寺には靄がかかっていました。

京都市内を一望できる場所があるのに
何にも見えず。。。


P1000354 (2)






すぐ向かいの山にも靄。

P1000371 (2)




帰り際にもう一度向かいの山を眺めると
靄は消え、ようやく木々の紅葉が鮮明に見えました。


P1000389.jpg




上から見下ろした紅葉

P1000382.jpg




靄のかかっていない善峯寺を
いつかリベンジしに訪れたい。

西山浄土宗総本山光明寺を訪れました。


P1000298 (2)




雨の中での散策。

晴れていない日の紅葉狩りは、
思い出してみても記憶がないから、初めてかも。

澄み切った空を見ることは出来ないけれど、
雨に濡れ艶やかできらめいた姿も美しい。



P1000259 (3)



P1000271.jpg



P1000243.jpg







軒先に吊るされた金色の吊り灯篭。
御影堂から釈迦堂に向かう回廊も素敵でした。


P1000250.jpg


P1000248.jpg






光明寺一番のみどころは、もみじの参道。

緑から赤に変わる前の橙中心のもみじ。
いろんな色のグラデージョンが一番楽しめる時期。


P1000266 (3)


きっと、一週間後には橙から深紅へ。
その後、もみじの絨毯かな。

これから移りゆく景色が楽しめるんだろうな。


P1000281 (2)




小雨交じりの天候のせいなのか、
真っ赤に色づいているもみじがまだ少ないからなのか、
訪れている人がびっくりするくらい少なかった。

こんなに素敵なのにもったいない。




P1000257.jpg

長岡京市にある楊谷寺に行ってきました。


P1000210 (2)





この日は、本堂の木造千手観音立像がご開帳日でしたが、
周囲の装飾の美しさに目を奪われてしまいました。


P1000201 (3)


檀家さんがいない信者だけという信仰で支えられている
このお寺の荘厳な雰囲気の本堂内にいると
心が洗われていくようでした。

撮影規制はしていないとのことでしたので、
何枚か撮らせていただきました。


P1000203 (2)



P1000168 (2)



P1000194 (2)







京都府指定名勝の庭園(浄土苑)


紅く色づいたドウダンツツジ
P1000178 (2)




P1000173 (2)


季節に合わせて椿、紫陽花、コスモス、山茶花・・・
楊谷寺の御手水シリーズだそう。


P1000175 (2)






書院から見える特別なお客様のみをお通しする上書院。
この日は一般公開されていて、入ることができました。


P1000176 (2)



映画「日本が一番長い日」の撮影ロケ地として
楊谷寺が使われたとき、
控室だった上書院からの名勝庭園(浄土苑)の景色を
褒めた役者さんの言葉を聞き、
それならばと、紅葉の季節は一般公開しているそう。


P1000186 (2)




見どころの多い楊谷寺。
のんびりと拝見させていただくことができ
幸せなひとときでした。



P1000189 (2)

20171112② (2)




SENS de MASAKI vol.7発売を記念したイベントのひとつ、
ウブルの出張花屋さんがハグオーワーのショップで
アレンジメントしてもらえるスペシャルな企画が
ありました。





秋を感じさせるボルドーや朱赤

P1000012.jpg




大好きなバラやラナンキュラス

P1000009 (2)



ハグオーワーのショップ入ってすぐに
ウブルのお花たちが一面にずらっと並んだ光景は
ずーっと眺めていたいくらい素敵でした。



ハグオーワーで、ウブルさんにお願いするなら、
雅姫さんのイメージでアレンジメントしてもらいたいと思い、
落ち着いたピンク色で大人っぽくてほしいと、言ってみたものの
イメージしていることをきちんと伝えられたか、
後になって不安になってしまう。






P1000063.jpg


2時間後に受け取りに行ったら、イメージ通りのブーケ。

バラの実の入っていて、秋らしさもプラス。
思っていたよりも本数もちょっと多くて嬉しかった。





P1000060.jpg


ハグオーワーの包装紙で包まれていて
このままで開けずに飾っていたいくらい。




オーダーしてホントによかったと思える
アレンジメントでした。



P1000095 (2)




P1000078 (3)

P1000034 (2)


大小サイズ違いの姫リンゴたち。
こんなに沢山の姫リンゴが浮かんでいるのを見るのは
初めてかな。
とっても気持ちよさそう。




プチ紅葉気分を味わうことができる
クロス&クロスのお庭。


P1000040.jpg



P1000039 (2)





作りこんだ感じを受けないナチュラルなお庭が
魅力的だな~と眺めていたら、一緒にいた友人が
「あっ スノードロップ!」 と。

11月なのにまさか・・・と思っていたら、
ホントに3輪咲いていました。


P1000044 (2)



背丈が低すぎて、言われるまで全く気が付かなかった。



P1000043 (2)


しゃがんで覗きこんでみたけれど、
数センチしかない背丈、
おまけにしっかりうつむいていて
お顔が見えません。

それにしても、なんて可憐な花。

秋の初めに習ったフラワーアレンジメント。

そのまま持ち帰って自宅に。


アキノアレンジ1



この時の花材について、先生が
『家に帰ってから家族に
「今日のレッスンは何色のお花だったの?」
と聞かれても、
「んーわからない」
と答えてしまうよな』
と表現されていらっしゃいました。

いろんな色が入っているけれど、
秋らしさがあって、お気に入り。



一週間ほど飾ってから、ドライに。
茎を短くしてコンパクトにまとめてみました。


アキノアレンジ2


このまま長く楽しめそう。






秋の深まりを感じ始めた頃、
ブーケのレッスンを受けました。


アキノアレンジ3



苦手なスパイラル。。。
でも、先生が選んだお花は抜群にかわいい。



一週間たっても、お花は生き生き。


アキノアレンジ4





二週間ほど経ってから、スパイラルをほどき、
ふわっと広げるように活け直してみました。


アキノアレンジ5


夏から秋に季節が変わり、
飾ったお花が長く持つようになって嬉しい。