FC2ブログ

ミュージカル「ラブ・ネバー・ダイ」
を観てきました。

topmain-02[1]


平成26年3月29日(土)ソワレ
日生劇場


音楽:アンドリュー・ロイド=ウェバー
歌詞:グレン・スレイター
脚本:アンドリュー・ロイド=ウェバー
   ベン・エルトン
   グレン・スレイター
   フレデリック・フォーサイス
追加歌詞:チャールズ・ハート
音楽構成:デヴィッド・カレン
     アンドリュー・ロイド=ウェバー
翻訳・訳詞:竜 真知子


RIMG6934.jpg




「オペラ座の怪人」の続編です。
舞台は、パリ・オペラ座からニューヨークのコニーアイランドへ。


「オペラ座の怪人」は、BWや四季で何度も観ていますが、
「ラブ・ネバー・ダイ」は初見。敢えて予習せずに感劇しました。



モダンでミステリアスな舞台美術、とっても豪華で素敵でした。
格調高い「オペラ座の怪人」とは随分雰囲気が違いますが、
舞台をアメリカに移したから、描くことができた世界観だった
と思います。

衣装と舞台の背景を一体化させて孔雀を表現した「愛は死なず」は
圧巻の一言。
濱田さんは貫録十分でDIVAでした。

鹿賀さんは、高音が辛そうでしたが、重厚な低音と存在感は
健在で、哀切漂うファントムでした。


オペラ座では得体のしれない不気味なファントムが、
ここでは1人の男性エリックとして描かれているのが
興味深かったです。
音楽の天使と歌姫という強い絆で結ばれていたプラトニックな
クリスティーヌとの関係も、ここでは昼ドラみたい。

一番残念だったのが、
私自身が「オペラ座の怪人」を意識し過ぎながら観劇して
しまったこと。
パリのオペラ座での人間関係をそのまま10年後にスライド
させるにはあまりにも無理があるストーリー。
ちょっと関連性のある「新作」と思って観たら、
この作品の世界観にどっぷり浸かって楽しめたような
気がします。

1日経って、もう一度観てみたい・・・と切望しています。
(遅いか)


スポンサーサイト



オフィーリア

お散歩日和

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)