FC2ブログ

カメラのフレームに収まらないくらい大きな建物。

大正11年に、「名古屋控訴院・地方裁判所・区裁判所」
として建設され、昭和54年まで裁判所だったそうです。



現在は、「名古屋市市政資料館」として
国の重要文化財として保存・公開するとともに、
名古屋市の公文書館として行政文書や資料を
保存し閲覧されています。




正面口を入ると、いきなり大理石の大階段

P1010710.jpg




階段を上がると
正面に、美しいステンドグラス

P1010715.jpg


P1010717.jpg





見上げると天井にもステンドグラス

P1010665.jpg


高くて広い空間。
まだ、入口の階段を上がっただけですが、
あまりの美しさにここでしばらく立ちつくして
しまいました。


P1010718.jpg




1階を見降ろしたところ。

P1010667.jpg

漆喰塗り、マーブル塗りなどの技術が使われていて、
荘厳な美しさに満ちています。




華やかさはないけれど、こんな階段も好き。

P1010684.jpg




廊下を歩きながら、窓から中庭を見降ろした景色

P1010685.jpg




法廷や執務室など、沢山の部屋が公開されています。
その中でも、内装・調度品をすべて創建当時の姿に
復元された会議室は見ごたえがありました。

P1010677.jpg




東京や大阪にあった旧控訴院庁舎は、昭和40年代に
取り壊されてしまっています。

名古屋の庁舎は、戦火を免れ、
戦後、取り壊される予定でしたが、
粘り強い保存運動が覆しました。
その後、建物の保存・復原修理の工事が行われ、
平成元年に市政資料館として開館。

ここまでの道のりは大変なものだったと思います。
関係者の方々に感謝。。。



P1010695.jpg



スポンサーサイト



Le repas de dimanche*

Kajita&ミュシカ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)