FC2ブログ

クリスマスが近づくと、
シュトーレンを食べたという話を
よく耳にします。

初めて食べたのは、今からニ年前。
Maison romi-unie のシュトーレンでした。


RIMG10213 - コピー



クグロフ型で焼かれた生地には、
ローマジパン、ナッツ、ドライフルーツがたっぷり。
アイシングコーティングされていて、
いただいてみると、それはそれは美味しい!



以来、食べ比べをしてみたくなり、
今年は、12月上旬に、Le repas de dimanche* の
シュトーレンを。


P1030717.jpg




P1030721.jpg





洋酒漬の無花果とレーズンがたっぷり
入っているのが特徴。
まぶされたきび砂糖のほどよい甘さが
後を引きます。


P1030726.jpg






今週、買ってきたばかりの CICOUTE BAKERY
のシュトーレン。

P1030867.jpg




P1030871.jpg



フルーツの他に、ナッツや自家製マジパンがぎっしり。
こちらも、きび砂糖がまぶされています。
まわりがカリっとしていて、ナッツもたっぷり
入っているので、食感も楽しめます。




P1030879.jpg




シュトーレンは、時間が経つごとに
風味がまろやかになって味が熟成されていきます。

少しずつ切り分けながら、
味の変化とクリスマスが近づいてくることを
楽しみながらいただきます。



スポンサーサイト



TIMELESS STORY

ハグとクロスのお庭

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)