FC2ブログ

数年前から、石丸幹二さんが、
「とても好きな曲で、歌ってみたかったから」
と、自身のコンサートでよく歌っていた ひとかけらの勇気。

宝塚版として書き下ろされた ひとかけらの勇気 が
A Peace Of Courage というタイトルで加えられた
ミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」が
今年の10月から、赤坂ACTシアターで上演。

このナンバーを歌うパーシー・ブレイクニー役を石丸さんが演じると
知った時には、夢のまた夢・・・のようなことが叶ってしまったことに
感慨深いものがありました。
宝塚でパーシー役だった安蘭けいさんが今度はマルグリット役
で共演だなんて、なんてスペシャルなんだろう。。。

予備知識がまったくないまま、10月の開幕直後に観に行きました。

フランスの恐怖政治の時代を背景にしたシリアスな作品なのかと
思いこんで観に行ったものの、途中何だかシェークピアの喜劇を
観ているような感覚になり、頭と心が若干チグハグのまま・・・幕。



11月下旬の東京凱旋公演を、もう一度観に行ってきました。
今度は、コメディ満載の作品・・・と最初からわかっているので、
作品にどっぷりと浸かりながら楽しむことができました。


P1170152.jpg

P1170153.jpg

P1170155.jpg


洒落者のパーシーは、道化のフリして鋭いまなざしを
マルグリットやショーブランに向け、
常にまっすぐになまなざしのマルグリッド。
信念の人ショーブラン。
ワイルドホーンの音楽は、心の琴線に触れる曲ばかりですが、
特にこの3人が並んで歌うシーンは、切なくドラマティックで
一番好きなシーン。

楽しみにしていたロベスピエール役の佐藤隆紀さんの
歌声にもしびれました。


1週間前から、周囲に「5:00p.m.ピタする!」と宣言して、
会社帰りに国際フォーラムへ。
ちょっと無理してでも観劇した甲斐があったと思えた
作品でした。


スポンサーサイト



バラをプラス

17th SPECIAL SALE

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)