FC2ブログ

映画「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」
を観てきました。





凛とした生き方が魅力的で、年を重ねることが
素敵なことに思えてくる。
丁寧に生きていくことを心がけなきゃとも。


彼女が語る言葉ひとつひとつが心に響き、
映画を観ながら、自問していました。
「心の豊かさとは?」
「日常を慈しんでいる?」
「自分に必要なものと必要でないものを仕分けできている?」





広大な庭の美しさにも目を奪われました。

特に、ターシャが輝きの季節と呼ぶ6月の庭で
芍薬の花が咲き乱れる光景は圧巻でした。
季節は巡り、映画の終盤近くにまた春が訪れ
開花した芍薬の花が移ったシーンが印象に残り、
帰り道にお花屋さんへ。



咲いている姿を早く見たくて、堅い蕾でなく
開き始めている芍薬を。
近くに置かれていたクレマチスの蔓を見ていたら、
もう早春ではないんだな~と季節を感じてしまって
クレマチスも購入。


P1200302 (2)





この時期の季節感を出したくて、グリーンと白をプラス。

購入した次の日にはふわりと開花。


P1200379 (3)





キッチンに移して、映画の余韻と共に
ふわふわ感を楽しんでいます。


P1200513 (2)



スポンサーサイト



紫陽花と大手毬とビナーバム

クロスのジャスミン

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)