FC2ブログ

昨年、UNE MAISON LISETTE の店内に
掲示されていたワークショップのポスター。


a684fc83162f62fe8a293dd3dd435e3b-410x580[1]


LISETTEオリジナルの生地「レザン」が大好きで
この生地で作られたカルトナージュを見ていたら、
自分で作ってみたくなり、
その場でお店の方に申し込みました。




LISETTE二子玉川店にあるアンティークのカルトナージュが
デザインのモデルになっているそうで、
ワークショップのために、講師の圷先生とLISETTE側が
事前に何度も打ち合わせを重ねたそうです。





生まれて初めてのカルトナージュ作り。
こんなにたくさんの工程があるのかと、
やってみて初めて知ることばかりでした。

きれいに出来たとは言えない仕上がりですが、
自分で作ったピンクッション付のソーイングボックスは
愛おしい。







先日も、UNE MAISON LISETTE で
カルトナージュ作りのワークショップに
参加しました。


cultnage_large[1]



1年振りですが、圷先生は覚えていてくださっていて
出来上がったカルトナージュを手に取り、
「2回目でよくここまで」
と仰ってくださって、感激もひとしお。



P1020942.jpg



今回は、ハンカチケースを作りました。
使った生地は、LISETTEオリジナルの生地「カリュクス」。
植物の萼をイメージした柄です。

前回同様、先生のきめ細かいアドバイスを
いただきながら何とか時間内に仕上がりました。



P1030061 (2)



調香の講師でもある圷先生から
アイリスの香りのサシェをいただきました。

蓋を開けると、ふわっといい香り。



P1030085.jpg



大切な宝物が増えました。


スポンサーサイト



FLAVEDO par Lisette Cafe et Boutique

桜日記

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)