FC2ブログ

「モネ それからの100年」展に。
横浜美術館に行ったのは初めてでした。


モネ展1



印象派を代表する画家
クロード・モネの初期から晩年までの絵画25点と
後世代の26作家による66点を一堂に展覧されています。

写真・映像など幅広い分野の現代アート作品を
モネの風景を見るように視覚を楽しむことができる
面白い企画でしたが、
モネの作品の方が少なくて
個人的には、もっとたくさん見てみたかったというのが
正直な感想。


それでも、モネが絵の具を幾重にも塗り重ねた筆の跡を
間近で見ることが出来て幸せでした。
じっくりと眺めていると、
そこにあった大気のゆらぎや光の移ろいを
思う存分感じられます。


モネが残した
「何を描くかは二の次で、
私が本当に表現したいのは、
描くものと自分との間にある『何か』なのです」
という言葉が印象に残りました。

『何か』とは、大気や光など形のないものですが、
その一つに水があり、「睡蓮」へと繋がります。


モネ展2


いつかジヴェルニーやオランジュリー美術館に
行ってみたいという想いがますます強くなりました。

スポンサーサイト



ミュージカル「ジャージー・ボーイズ」

和田由記子さん

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)