FC2ブログ

ドラマ「モンテ・クリスト伯」を観ていたとき、
主人公が住んでいた洋館に興味津々。

調べてみたら、見学できる日があることが
わかって鎌倉へ。




昭和4年に華頂博信侯爵邸として建てられ、
その後、たびたび所有者が変わり、
平成8年に鎌倉市が取得した「旧華頂宮邸」。




ドラマで何度も見た正面玄関。
懐かしい。

旧華頂宮邸外1





反対側に回って

旧華頂宮邸外2





幾何学的なフランス式庭園

旧華頂宮邸外333





庭園は常時見学できますが、
建物の内部は年に4日間だけ一般公開され
見学することができます。






玄関ホールの中央階段

旧華頂宮邸階段1




2階に上がると、
小ヴォールドと呼ばれる天井

旧華頂宮邸小ヴォールド





階段はもう一か所あって
ここは立ち入り禁止。

旧華頂宮邸階段2







マントルピースがそのまま残っています。
雰囲気があって素敵。

旧華頂宮邸マントルピース1



旧華頂宮邸マントルピース2



旧華頂宮邸マントルピース3







レトロな洗面台が可愛かった。

旧華頂宮邸







木目調の格調高い部屋や
白を基調としたエレガンスな部屋など、
いくつもある部屋はそれぞれ雰囲気が異なっていて、
部屋毎に合わせた壁紙や照明も素敵でした。


旧華頂宮邸ライト1



旧華頂宮邸ライト2



旧華頂宮邸ライト3





平成18年に、市の景観重要建築物と
国の登録有形文化財(建造物)に
指定されたそうです。

建物の内外にボランティアの方が何人もいらして
親切に解説していただきました。


最後にコーヒーまでいただいてしまって。
代金は募金箱へ。


旧華頂宮邸珈琲


スポンサーサイト



ダリアのしつらい

兵士の物語 2018

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)