FC2ブログ

鎌倉で、雑貨屋巡りをしました。


雑誌で、この写真を見てから、いつか行ってみたいと思っていたお店
今小路から西に入ったところにある国内外の文具用品を扱う「TUZURU」
RIMG10207.jpg


店内は、期待を裏切らない可愛いさ!

たくさんの万年筆がお店の中央に。
他にも、キーホルダー、スタンプ、一筆箋、カード、等々・・・

宝物さがしのように、可愛い実用品をアレコレ品定め。

購入したのは、レターセットとペーパースタンド。
RIMG10156.jpg




由比が浜大通りにある「dahliacyan」では、居心地が良くて
ちょっと長居してしまいました。

入ってすぐに、オリジナルのレザークラフトとシルバーアクセサリーや、
輸入雑貨。
奥には、国内作家のアイテムやアンティーク物も。
access04[1]

access02[1]



特に、目を惹いたのは、ひとつひとつ職人さんが丁寧に仕上げた
繊細な卵のオーナメント。
オーストラリアからの輸入物だそうです。
f0155891_13564629[1]


シックな色合いの羊毛クリスマスオーナメント。
ふわふわな手触りを想像していたら固くてしっかり。それにほんのり
ラベンダーの香り。
石鹸作家のbroche 〜ブロシュ〜さんのオーナメントで、中に石鹸が
入っているそう。
201212_01_91_f0155891_11463462[1]




奥には、灯々舎~望月優美さんの蜜蝋と大豆ワックスを使った
キャンドル。
色もデザインも女子心をくすぐられます。


他に、加藤智裕さん角田淳さんの器。


その奥には、淡雪を連想する器・・・高木浩二さんの作品だそう。
ひと目惚れしてしまい、1枚購入。
RIMG10122.jpg


高木さんの技法は「彩泥」と言うもので、信楽の赤土の素地に黒土を塗り、
泥状の白土をスポンジで何度もパッティングして、最後にもう一度赤土
を塗って深みを出し、少しざらついた手触りを壊さない程度に釉薬を
薄く塗ってしあげています。
RIMG10136.jpg




可愛かった看板犬のフレンチブルドッグ
フンガフンガと鼻息鳴らしながら、ずーっと後をついてくる。
access01[1]



スポンサーサイト



長峰菜穂子展

鎌倉「覚園寺」へ紅葉狩り

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)