FC2ブログ

クリスマスイブの日に、銀座ヤマハホールで開催された
石丸幹二さん後援会主催のライブコンサート。
ホームページを通じて事務局からの丁寧な事前案内、
手作り感満載のイベント・・・温かな雰囲気の中で、
幸せな時間を過ごすことができました。



黒っぽい服装で登場された石丸さん。
ちょっと強めのパーマヘアに、うっすらお髭も。
友人は、高橋大輔に見えてしようがなかったそうです。
ワイルド系ではあるけれど、やっぱりどこか上品。



Winter Wonderland
ホワイト・クリスマス



「表では諸事情で歌えない歌だけど、アットホームな場なら
いいかな。26歳の頃です。」と仰って歌い始めました。
スキンフルシャンクス 鉄道猫 「キャッツ」より
お目目キラキラ、それはもう生き生きとした表情で!
キャッツのナンバーを聴かせていただけるとは・・・かなり
感激しました。


僕の願い 「ノートルダムの鐘」より
「映画の吹き替えをした時、英語の歌詞に合わせた口の動きに、
日本語の歌詞で合わせながら歌わなければならず、制約が
多かった。本当は、歌いたいように歌いたかった」
そうです。
日本語の「僕の願い」を聴くことができるなんて、かなり貴重な
歌声でした。



ここで、メンバー紹介がありました。
ギター:伊丹雅博
ピアノ:奥山勝

この日のすべての曲を手掛けた奥山さんのアレンジは、ときに
ジャズ風だったりして、大人の雰囲気。
特に、アコースティックギターの色気のある音色にちょいちょい
聴き入ってしまいうっとりでした。
以前、フルオーケストラをバックにミュージカルの歌を聴いたとき、
奥行きのある重厚な音に感激したことがありましたが、この日の
演奏はそれとは対照的。
ギターとピアノだけの演奏だったがゆえに、音色をストレートに
味わうことができ、ミュージカルの楽曲がとっても引き立っていました。
奏者がお二人だったからというのはもちろん、素晴らしく音響のいい
このホールで、聴き心地がよかったです。


銀座の恋の物語
会場のお客さん全員とデュエット。



翼を拡げて 「GOLD」より


エリザベートメドレー


時が来た 「ジキル&ハイド」より
「ブリッジになっている曲と一緒に」と。



きよしこの夜
「鳴りのいいホールだから」とマイクなしで。
特に声を張り上げることもなく、静かにしっとりと歌われていました。
会員への素敵なクリスマスプレゼント。


スマイル



お土産も



スポンサーサイト



シアタークリエ5th ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL

冬のリース作り

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)